ベルブランの成分

ベルブランの成分から効果と副作用を購入前にチェックしておこう!

 

ベルブランはニキビ跡やニキビ染みケア用の化粧水として、話題になっている商品です。ベルブランの成分が気になる方は、どんな成分にどんな効果や副作用があるのか、購入前にチェックしておきましょう!

 

ベルブランの成分

 

商品を確認する! ⇒ ニキビ跡専用化粧水ベルブランはこちら

 

 

ベルブランの全成分は、以下の通りです。

 

トラネキサム酸 グリチルリチン酸2K 油溶性甘草エキス ヒドロキシエチルセルロース キサンタンガム BG 濃グリセリン カルボキシビニルポリマーアルギニン POE(40)硬化ヒマシ油 1,2-ペンタンジオール 水添大豆リン脂質 天然ビタミンE ステアロイルフィトスフィンゴシン ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液 アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム 加水分解ヒアルロン酸ヒアルロン酸Na-2 エクトイン 水溶性コラーゲン液-4 加水分解コラーゲン末 アーティチョークエキス セチルチロシン酢酸チロシン 牡丹エキス カッコンエキス プルーン酵素分解物 テンニンカ果実エキス 3-O-エチルアスコルビン酸 シルバーバイン果実エキス セイヨウオオバコ種子エキス アマチャヅルエキス スターフルーツ葉エキス セイヨウナシ果汁発酵液 カンゾウ葉エキス 党参抽出物加水分解液 アルピニアカツマダイ種子エキス カモミラエキス-1 フェノキシエタノール/精製水

 

ベルブランの成分については基本的に、美白効果や保湿効果、抗炎症効果など、ニキビやニキビ跡、ニキビ染みに効果が期待できる成分が入っています。

 

副作用についてもそれほど心配はいりませんが、ベルブランは医薬部外品である点に注意して下さい。

 

医薬部外品には用法用量が定められており、それを超えて過剰に使い続けた場合には、副作用が心配される成分もあります。

 

取説にはベルブランは朝晩1日2回、2〜3プッシュを顔全体に馴染ませると書いてあります。

 

この用法用量を守っている限りは、副作用の心配はしなくていいでしょう。

 

後はアレルギーが懸念される成分もあるので、ベルブランを安全に使うには、パッチテストをすることをお勧めします。

 

それではベルブランの成分を、一つ一つ確認していきましょう。

 

 

有効成分トラネキサム酸がニキビ染みをケア!

 

ベルブランはニキビ染みケア用の化粧水ですが、その有効成分がトラネキサム酸です。

 

トラネキサム酸は肌にできる黒い色素メラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを防ぐ美白効果が期待できる成分です。

 

美白化粧品の成分には、トラネキサム酸が使われていることが多いですね。

 

ニキビ跡の黒ずみなどの色素沈着も、メラニンが原因となってます。

 

ニキビが炎症を起こして肌がダメージを受けると、メラノサイトが活性化してメラニンを大量に生成します。

 

これが、ニキビ染みになってしまうのですね。

 

そのためトラネキサム酸の美白効果は、ニキビ染みにも効果が期待できます。

 

またトラネキサム酸には、炎症を抑える効果もあります。

 

そのためニキビの炎症や赤みにも、効果が期待できるのです。

 

トラネキサム酸の副作用としては、血液の凝固作用があります。

 

しかしこれはトラネキサム酸を錠剤などで服用する場合に、気をつけなければいけない副作用です。

 

ベルブランのようにトラネキサム酸を肌に塗る場合には、血液に吸収される量は極僅かであり、安全性は高いと言えます。

 

 

有効成分グリチルリチン酸2Kでニキビ予防!

 

ベルブランのニキビ予防の効果は、有効成分グリチルリチン酸2Kによるものです。

 

ニキビケア化粧品の成分には、グリチルリチン酸2Kが使われていることが多いです。

 

グリチルリチン酸というのは、甘草の根に含まれている天然成分で、炎症を鎮める効果があります。

 

このグリチルリチン酸とカリウムを化合させたのが、グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)です。

 

元々甘草は漢方の原料として、口内炎や喉の炎症を抑えるのに使われていました。

 

そのためニキビの中でも、炎症を伴う赤ニキビの症状の緩和に、効果が期待できます。

 

グリチルリチン酸2Kの副作用は1日に40mg以上摂取すると、偽アルドステロン症を発症する可能性があることです。

 

しかしベルブランのように肌に塗る化粧水の場合には、体に吸収される量は極僅かであり、副作用の心配はありません。

 

 

有効成分のブースター効果を高める油溶性甘草エキス

 

ベルブランの成分の中で特に目玉となるのが、ブースター効果を高める油溶性甘草エキスです。

 

なぜならトラネキサム酸などの有効成分も、肌に浸透さなければ効果が発揮されないからです。

 

しかもニキビ跡やニキビ染みのある皮膚というのは、固くてゴワゴワしているので、有効成分が浸透しにくい状態になっています。

 

そこでこれらの有効成分を高浸透(角層まで)させるために開発されたのが、油溶性甘草エキスという成分です。

 

油溶性甘草エキスは皮膚と馴染みやすく、しかもナノ化されているので、ブースター効果を高めます。

 

油溶性甘草エキスのおかげで、ニキビ跡で固くなった肌にも、ベルブランの有効成分が浸透(角層まで)しやすくなります。

 

油溶性甘草エキスも甘草由来の成分ですので、グリチルリチン酸2Kと同じく副作用の心配はいりません。

 

 

ヒドロキシエチルセルロース

 

ヒドロキシエチルセルロースは、水溶性の高分子化合物のセルロース誘導体です。

 

ベルブランのようなスキンケ商品には、増粘剤、分散剤、結合剤として使われます。

 

他の化粧品などの成分としても、幅広く使用されています。

 

ヒドロキシエチルセルロースは安全性の高い成分で、皮膚刺激性、眼刺激性、皮膚感作(アレルギー)、光毒性、光感作性もありません。

 

そのためヒドロキシエチルセルロースは、副作用の心配はありません。

 

 

キサンタンガム

 

キサンタンガムは、多糖類の一種です。

 

ベルブランのような化粧品の成分としては、増粘剤や安定剤として使われます。

 

化粧品の他には食品添加物として、加工食品にも使われています。

 

キサンタンガムは口に入れる食品添加物としても、認可されている成分ですから、安全性は高いと言えます。

 

そのためキサンタンガムの副作用は、心配しなくていいでしょう。

 

 

BG

 

BGはブチレングリコールのことで、化粧品の基本成分としてよく使われています。

 

ベルブラン以外の化粧品でも、成分表にBGと記載されている商品がたくさんあります。

 

BGは、保湿効果や殺菌効果があります。

 

刺激性もほとんどなくアレルギーなどの報告もないので、BGの副作用は心配しなくていいでしょう。

 

 

濃グリセリン

 

グリセリンは保湿剤としてよく使われる成分で、濃グリセリンは濃度が98%以上のものを指します。

 

ベルブラン以外の化粧品にも、保湿成分として使われることが多いです。

 

濃グリセリンは毒性や刺激性はほとんどなく、アレルギーの報告もないので、副作用は心配しなくていいでしょう。

 

 

カルボキシビニルポリマーアルギニン

 

カルボキシビニルポリマーアルギニンは増粘剤として、化粧品によく使われる成分です。

 

微生物による汚染がされ難いので、ベルブランのように直接肌に付ける化粧品には、重宝される成分です。

 

カルボキシビニルポリマーアルギニンは毒性、眼粘膜・皮膚に対する刺激はほとんどなく、安全性の高い成分です。

 

副作用についても、心配しなくていいでしょう。

 

 

POE(40)硬化ヒマシ油

 

トウダイグサ科の多年草のトウゴマの種子から採取した植物油が、ヒマシ油です。

 

ヒマシ油は食用にも使われており、化粧品ではマッサージオイルや美容オイルとしても使われています。

 

このヒマシ油を水素添加して固形にしたものに、ポリエチレングリコールを添加したものがPOE(40)硬化ヒマシ油です。(カッコ内の数字は分子量)

 

ベルブランのような化粧品には界面活性剤として使われ、有効成分などを安定的に溶解・分散させます。

 

目薬などの医薬品などにも使われている成分ですので、安全性は高く副作用は心配しなくていいでしょう。

 

 

1,2-ペンタンジオール

 

1,2-ペンタンジオールは、合成の多価アルコールです。

 

ベルブランのような化粧品には、保湿剤や抗菌力のある溶剤として使われる成分です。

 

低濃度でも抗菌力を発揮するので、防腐剤フリーやノンパラベン化粧品によく使われている成分です。

 

1,2-ペンタンジオールは安全性が高く、副作用の心配はいりません。

 

ただし1,2-ペンタンジオールは多価アルコールなので、アルコールに対してアレルギーがある人は、肌に反応が出ることも考えられます。

 

アルコールにアレルギーがある人は、事前にパッチテストをしたほうがいいでしょう。

 

 

水添大豆リン脂質

 

水添大豆リン脂質は大豆から抽出したリン脂質に、酸化安定性が高まるために水素を添加した成分です。

 

ベルブランのような化粧品には、界面活性剤(乳化剤)として使われます。

 

細胞間脂質と似た性質を持っているので、角質層になじみやすく肌を保護する効果があります。

 

水添大豆リン脂質は安全性が高く、副作用の心配はいりません。

 

ただし大豆から抽出される成分ですので、大豆にアレルギーがある人は肌に反応が出ることも考えられます。

 

大豆にアレルギーがある人は、事前にパッチテストをしたほうがいいでしょう。

 

 

天然ビタミンE

 

天然ビタミンEは、植物油などから抽出したビタミンEです。

 

ビタミンEには他に合成や天然型がありますが、天然ビタミンEが一番効力が高くなります。

 

天然ビタミンEには血行促進作用があり、肌荒れやシミを防ぐ効果が期待できます。

 

ビタミンEはサプリメントなどで過剰に摂取すれば、頭痛やめまいなどの副作用を起こすことはあります。

 

しかしベルブランのように肌に塗る場合には、副作用の心配はいりません。

 

 

ステアロイルフィトスフィンゴシン

 

ステアロイルフィトスフィンゴシンというのは、セラミド3のことです。

 

セラミドは、角層の細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質の約50%を占めています。

 

セラミドは水分を蓄えて肌を保湿したり、バリア機能を高める効果があります。

 

セラミドは元々人間の肌にある成分ですので、副作用の心配はいりません。

 

 

ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液

 

ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液は、植物由来で天然の脂肪酸と複数のアミノ酸を結合させた成分です。

 

セラミドと似た働きをし、保湿効果やバリア機能の改善が期待できます。

 

また肌のキメや弾力を、改善する効果もあります。

 

ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液は安全性も高く、副作用の心配はいりません。

 

 

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム

 

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムは、通称スーパーヒアルロン酸と呼ばれています。

 

通常のヒアルロン酸の約2倍の保水力があることから、スーパーが付いているんですね。

 

ベルブランにおいては、保湿効果を発揮する成分です。

 

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムは安全性も高く、副作用の心配はいりません。

 

 

加水分解ヒアルロン酸ヒアルロン酸Na-2

 

加水分解ヒアルロン酸ヒアルロン酸Na-2は、ヒアルロン酸を加水分解して低分子化したものです。

 

低分子化している分、通常のヒアルロン酸よりも、浸透力が高くなります。

 

ベルブランにおいては他のヒアルロン酸と同様に、保湿効果を発揮します。

 

加水分解ヒアルロン酸ヒアルロン酸Na-2は安全性も高く、副作用の心配はいりません。

 

 

エクトイン

 

エクトインはアミノ酸の一種で、エジプトの塩湖に生息するハロゲン系微生物から抽出されます。

 

過酷な環境で生息しているため、強力な保水力を持つのが特徴です。

 

またエジプトの強い紫外線から身を護るため、細胞を保護する作用もあります。

 

エクトインは安全性も高く、副作用の心配はいりません。

 

 

水溶性コラーゲン液-4

 

コラーゲンは元々、水に溶けにくい性質があります。

 

水溶性コラーゲン液は、酵素で動物の真皮を低温で溶かしたコラーゲンの水溶液です。

 

保水性に優れているので、ベルブランにおいては保湿効果が期待できます。

 

水溶性コラーゲン液-4は安全性も高く、副作用の心配はいりません。

 

ただしゼラチンアレルギーがある人は、肌に反応が出ることもあるので、パッチテストはしたほうがいいです。

 

 

加水分解コラーゲン末

 

水分解コラーゲン末は、マリンコラーゲンペプチドとも呼ばれます。

 

保湿効果に優れており、肌の表面に保護膜を作ります。

 

低分子化されているので、肌に馴染みやすいという特徴があります。

 

加水分解コラーゲン末は安全性も高く副作用の心配はいりませんが、アレルギーが心配な人はパッチテストはしたほうがいいです。

 

 

アーティチョークエキス

 

アーティチョークエキスは、西洋野菜のアーティチョークから抽出されるエキスです。

 

アーティチョークはヨーロッパでは古くから、美肌にいいハーブとして使われてきました。

 

肌荒れの予防や、肌のハリや弾力をアップさせる効果が期待できます。

 

アーティチョークエキスの副作用は、特に報告されていません。

 

 

アセチルチロシン酢酸チロシン

 

アセチルチロシン酢酸チロシンは、チロシンというアミノ酸を体に吸収しやすくしたものです。

 

メラニンの生成を抑える作用があり、美白効果が期待できます。

 

ベルブラン以外の美白化粧品や薬用化粧品にも、広く使用されている成分です。

 

アセチルチロシン酢酸チロシンは、気分を改善するためのサプリメントにも使われています。

 

その様なサプリメントの場合は過剰に摂取すれば、頭痛などの副作用が起きることがあります。

 

しかしベルブランの様に化粧品として肌に付ける場合には、副作用の心配はないでしょう。

 

 

牡丹エキス

 

牡丹エキスは植物のボタンの根の皮から、抽出されるエキスです。

 

鎮痛、鎮静、消炎、血行促進、紫外線から肌を守る作用などがあります。

 

抗炎症作用に優れているので、ニキビの予防にもいいでしょう。

 

牡丹エキスの副作用は、特に報告されていません。

 

 

カッコンエキス

 

カッコンエキスは、植物の葛の根から抽出されたエキスです。

 

葛根湯という風邪薬があるように、発汗、解熱などの作用があります。

 

化粧品としては保湿作用や抗炎症作用、紫外線吸収作用、血行促進作用、痒み止め、美白作用などの目的で使われます。

 

またコラーゲン合成促進作用が高く、シワやたるみを改善する効果も期待できます。

 

カッコンエキスは植物由来の副作用は、特に報告されていません。

 

 

プルーン酵素分解物

 

プルーン酵素分解物は植物のプルーンの果肉を、酵素分解した成分です。

 

日本でもプルーンは、栄養価の高い食べ物として、親しまれています。

 

プルーン酵素分解物は、皮膚細胞がメラニンを摂取するのを抑え、美白効果が期待できます。

 

プルーン酵素分解物の副作用は、特に報告されていません。

 

 

テンニンカ果実エキス

 

テンニンカ果実エキスは植物のテンニンカの果実から、抽出したエキスです。

 

肌のDNA修復能力を高めて、肌にダメージを蓄積させない効果が期待できます。

 

テンニンカ果実エキスの副作用は、特に報告されていません。

 

 

3-O-エチルアスコルビン酸

 

3-O-エチルアスコルビン酸は、水溶性ビタミンC誘導体の一種です。

 

美白化粧品には、ビタミンC誘導体が配合されているものが多いですね。

 

ビタミンCは美白にいいとされていますが、そのままだと壊れやすいというデメリットがあります。

 

また肌にも吸収されにくいので、化粧品などに使うことができません。

 

ビタミンC誘導体は体内でビタミンCに変わる生分で、安定性に優れており肌にも吸収さやすいのです。

 

ビタミンC誘導体は、刺激性や肌を乾燥させやすくする副作用があるので、念の為パッチテストをしたほうがいいです。

 

 

シルバーバイン果実エキス

 

シルバーバインはまたたびのことで、その果実から抽出したエキスがシルバーバイン果実エキスです。

 

角層タンパク質のカルボニル化を抑制して、安田の透明感をアップさせる効果が期待できます。

 

シルバーバイン果実エキスの副作用は、特に報告されていません。

 

 

セイヨウオオバコ種子エキス

 

セイヨウオオバコ種子エキスは、植物のセイヨウオオバコの種子から抽出したエキスです。

 

皮膚のタンパク質と糖が結合するのを抑え、肌の弾力や透明感に効果が期待できます。

 

セイヨウオオバコ種子エキスの副作用は、特に報告されていません。

 

 

アマチャヅルエキス

 

アマチャヅルエキスは、植物のアマチャズルの葉から抽出したエキスです。

 

肌細胞にアクアポリンという水の通り道を作ることで、保湿効果が期待できます。

 

お茶などにして過剰に摂取すると、下痢や吐き気などの副作用が出ることがありますが、肌につける場合は心配いりません。

 

 

スターフルーツ葉エキス

 

スターフルーツ葉エキスは、植物のスターフルーツの葉から、抽出したエキスです。

 

コラーゲンの生成促進作用があり、肌の弾力やハリを改善する効果が期待できます。

 

またメラニン生成情報を食い止める作用もあり,美白効果も期待できます。

 

スターフルーツ葉エキスの副作用は、特に報告されていません。

 

 

セイヨウナシ果汁発酵液

 

セイヨウナシ果汁発酵液は、植物の西洋梨の果汁を植物性乳酸菌で、発酵させたものです。

 

セイヨウナシの果汁に含まれる糖やミネラルにより、保湿作用が期待できます。

 

また乳酸による角質柔軟化で古い角質層を剥離させ、ターンオーバーを促進させる効果が期待できます。

 

セイヨウナシ果汁発酵液の副作用は、特に報告されていません。

 

 

カンゾウ葉エキス

 

カンゾウ葉エキスは植物の甘草の葉から、抽出したエキスです。

 

刺激の緩和や消炎作用があり、敏感肌の緩和に役立ちます。

 

カンゾウ葉エキスはベビーローションにも使われており、副作用の心配はありません。

 

 

党参抽出物加水分解液

 

党参抽出物加水分解液は、植物の党参から抽出されたエキスです。

 

メラニンの生成を抑制する効果があるので、色素沈着防止に高い効果があります。

 

党参抽出物加水分解液の副作用は、基本的に心配は要りません。

 

ただし長期的に過剰に塗りすぎると、肌に負担となることがあります。

 

ベルブランは医薬部外品ですので、用法容量が決められています。

 

用法容量は、厳守するようにして下さい。

 

 

アルピニアカツマダイ種子エキス

 

アルピニアカツマダイ種子エキスは、植物のアルピニアカツマダイの種子から抽出したエキスです。

 

メラニンの生成を抑制する作用があるので、美白効果が期待できます。

 

アルピニアカツマダイ種子エキスも長期的に過剰に塗りすぎると、肌に負担となることがあります。

 

しかし用法容量さえ守っていれば、副作用の心配はありません。

 

 

カモミラエキス-1

 

カモミラエキス-1は、植物のカモミールの花から抽出したエキスです。

 

保湿効果が高かく肌を正常に整え、シミやそばかすの改善効果も期待できます。

 

肌に優しく安全性が高いため、副作用は心配しなくていいでしょう。

 

 

フェノキシエタノール

 

フェノキシエタノールは、化粧品の防腐剤として使われています。

 

一昔前は化粧品の防腐剤には、パラベンが多く使われていました。

 

しかし最近はノンパラベンの化粧品が増え、フェノキシエタノールが防腐剤として使っている化粧品が増えています。

 

フェノキシエタノールに副作用として刺激性がありますが、通常化粧品にはごく少量しか使われておらず、問題ないはずです。

 

ただし肌の弱い方はやはり、パッチテストをしておいたほうが安心できます。

 

 

ベルブランの詳しい情報は公式サイトでご確認下さい!

▼▼▼

ベルブラン